求人情報の収集

就職活動は、ハローワークだけで大丈夫?転職者がチェックすべきサービスまとめ

更新日:

転職を決意したときに、まず最初に利用する施設と言えば「ハローワーク」ですよね。

退職後に就職活動を行う場合、失業手当の給付手続きなどもありますので、まずはハローワークで手続きと就職相談を行うのが一般的です。

ハローワークは全国一の求人数を保有しているので、活用しない手はありません。

しかし、ハローワークでの情報収集だけで就職活動を完結させようと考えているならば、チョット待ってください!

転職する場合、いかに理想に近い「求人の情報を手に入れるか」は成功への大きなカギです。

競争率の高い事務職への転職を成功させるなら、なおさらですよね。

今回は、ハローワーク以外で、転職者がチェックするべきサービスをまとめて紹介します。

ハローワークだけに頼った就職活動のリスク

ハローワークは現在も転職活動に有効な施設なので、ぜひ活用しましょう。

しかし、「就職活動は、ハローワークだけで充分」と思ってしまうと、理想に近い求人に出会う機会を逃していることも多いです。

その理由を2つ紹介していきます。

ハローワークは手軽に利用できるので、応募者も多い

ハローワークはあまりに有名な王道の施設であるため、求職者の誰もが利用します。

となると、当然ハローワークで公開されている求人は申込者も多いはずです。ただでさえ人気の高い事務職の求人は、申し込みが殺到することも良くあります。

そのため、人気の職種はハローワーク以外のライバルが少ない求人を、いかに収集出来るが転職成功へのカギになります。

ハローワークの求人は、ライバルが多いんです

ハローワークの求人は、企業側が採用に積極的でない場合も

ハローワークに求人が公開されていれば、当然、その企業は人を採用したいと思っているハズですよね?

しかし以外にも、ハローワークの求人は企業側が採用に積極的でないケースもあります。

その理由は、企業側がハローワークに求人を公開する場合は「無料」で気軽に登録ができるようになっているからです。

そのため企業側は採用を急いでいなくても、「とりあえず求人を出しておいて、良い方が来たら採用しよう」と言う、のんびりしたケースもあります。

もちろん、ハローワークの求人全てに当てはまるわけではありません。

反対にハローワークの求人でも「急募」と記載がある求人は、すぐに人に来てもらいたい企業なので、採用に至るまでのスピードが速く狙い目ですよ。

長い目で人を探している企業は、じっくり厳選されるので採用までのハードルは高いんです。

民間の転職サービスは、企業側が「有料」で登録するから本気

ハローワークと違い、民間の求人紹介サービスは、企業側が「有料」で求人を公開することで利益を得ています。(転職者の利用は、ハローワークと同じ無料です)

本気で人を雇いたい企業は、たとえ有料であっても多くの応募者を集めて、優秀な人材を選びたいはずです。

そこで、「転職サイト」「転職エージェント」「求人情報誌」「新聞広告」などを有料サービスを利用します。

民間の求人紹介サービスは、数万円~数十万円の費用がかかり、決して安いものではありません。

そのため、民間の求人紹介サービスを利用している企業は、「採用に積極的」「確実に人が欲しい」と考えている企業と言えるでしょう。

民間の転職サービスを利用している会社は、採用に対して積極的!

民間の求人紹介サービスをオススメする理由

いままで紹介してきたように、事務職へ転職を成功させるには、ハローワーク以外の民間サービスを賢く活用することがカギになります。

また、その他にも民間サービスを利用するメリットは多いです。

民間サービスを利用するメリット

  • 民間サービスの求人は、ハローワークと比べライバルが少ない
  • 民間サービスの求人は、採用に積極的な企業の求人が多い
  • 転職者は無料で利用が出来る
  • ハローワークに掲載されていない求人を得ることが出来る
  • 専門キャリアコンサルタントのアドバイスを受けることが出来るサービスもある
それでは、ハローワーク以外の転職サービスは何があるのか、チェックしていきましょう。

 

ハローワーク以外に、転職者がチェックすべきサービス

転職を支援してくれる、民間のサービスを紹介しています。

情報は多い方が良いので、全てチェックをするのがベストですが、「大変だ」「時間が無い」という方は、最低でも最初に紹介する「転職サイト」や「転職エージェント」だけでも活用するようにしましょう。

転職サイトと転職エージェントは利用必須!

現在では、ハローワークと同時に「転職サイト」「転職エージェント」を活用して就職活動を行う方法が王道になっています。

それぞれのWebサイト上で無料登録し、すぐに利用できるので、是非積極的に利用しましょう。

転職サイトとは

転職サイトは、「リクナビNEXT」「マイナビ」「DUDA(デューダ)」のように、ホームページ上で求人の公開を行っているサイトです。

Webサイト上で無料登録することで、求人への応募も出来ます。

転職サイトはこんな方におすすめ

  • 一人でマイペースに情報収集したい方
  • 気軽に情報だけ手に入れたい方

転職エージェントとは

転職エージェントでは、転職サイトより手厚いサービスを受けることが出来ます。「リクナビエージェント」「DUDA(デューダ)」などが有名です。

一番の魅力は、ハローワークや転職サイトに掲載されていない、「非公開求人」を紹介してもらえることです。ライバルが少ない求人を得ることが出来るので、かなり大きなメリットになります。

また、専門のキャリアコンサルタントに相談ができたり、履歴書・職務経歴書などの添削サービスもあるので、本気で転職を成功させたい方は利用必須のサービスです。

転職サイトと同様、Webサイトで無料登録することでサービスを利用できます。

転職エージェントはこんな方におすすめ

  • 非公開求人を手に入れたい方
  • 本気で事務職への転職を成功させたい方
  • 専門家のアドバイスが欲しい方

見落としがちな、求人情報もチェック!

「ハローワーク」「転職サイト」「転職エージェント」以外にも、様々な場所に掲載されている求人情報。

全部チェックするのは大変だと思いますが、穴場の求人が隠れている場合もありますよ!

求人情報誌

求人情報誌も、手軽に情報収集できる有効な手段です。

100円程度で購入できる有料のものから、無料の不良フリーペーパーなど様々です。

どちらかと言えば、アルバイトやパートの情報が多く、事務職よりもサービス業や製造業の求人が多い傾向にあるため、事務職を目指す方はこれらの求人情報子に目を通さない方が多いです。

しかし、見ない人が多いと言う事は競争率が低い可能性もありますので、定期的に目を通すことをお勧めします。

新聞広告や折り込みチラシ

新聞の広告や、折り込みのチラシにも求人情報はよく掲載されています。

求人情報誌と同じように、事務職の求人は少ない傾向にありますが、地元企業の穴場の求人が掲載されていたりしますので、手に入る方はチェックをしましょう

企業のホームページ

お目当ての企業がある場合は、企業のホームページの採用情報(リクルート情報)を直接チェックするのもオススメです。

現在、企業の多くは自社のホームページを公開しており、採用情報も併せて掲載している企業も多いです。

新卒採用者以外にも中途採用者の情報を掲載している企業も多いので、お目当ての企業がある場合は一度チェックをしておきましょう。

派遣会社

転職を支援してくれるサービスとして、派遣会社もありますよね。

そもそも派遣で仕事を探したいと言う方はもちろん、派遣会社を利用されると思いますが、正社員を目指している方は全く利用しない人がほとんどです。

しかし、派遣会社は「紹介予定派遣」という求人を取り扱っているケースも多いです。

紹介予定派遣とは、最初は派遣として入社し、3ヶ月程度の試用期間を終えた後、会社と求職者が同意した上で正社員雇用するというものです。

いわば、正社員登用を前提とした求人と言うことになります。

正社員を目指す方は、派遣会社をあまり利用しないので、競争率が低くなる傾向になります。

また、転職のサポートを派遣会社が行ってくれるので、1人で就職活動するのに不安な方は安心できる部分もあります。

良い求人に巡りあえて、転職に成功されることを願っています!

-求人情報の収集

Copyright© めざせ事務職! , 2018 All Rights Reserved.