応募書類の作成

事務職へ転職するための「職務経歴書の書き方」

更新日:

「初めての転職」や「久しぶりの就職活動!」と言う方は、職務経歴書という書類を初めて聞くかもしれませんね。

企業は近年、中途採用を行う際に参考にする書類として、履歴書だけではなく、職務経歴書を提出してくださいと指定することも多いです。

履歴書は、その人が何歳でどの学校を卒業した、どの会社に何年間勤務したと言う基本的な略歴が掲載された書類です。

しかし、企業が中途採用者に求めるのは、「何が出来るか」です。

そのため、基本的な略歴だけでなく、「自分が今まで経験してきた具体的な仕事の内容」「どういった役割を担ってきたのか」「採用になったあと、どんな仕事が出来るのか」等を具体的に判断するための資料が職務経歴書です。

職務経歴書の一般的なフォーマット

履歴書に関しては、ある程度フォーマットが決められており、販売されていますよね。

しかし、職務経歴書は特に決まったフォーマットは無く、自由形式でOKです。

ただ、一般的には以下のように作成されることが多いです。

一般的な職務経歴書のフォーム

  • 用紙サイズ:A4版
  • 用紙の方向:縦
  • 枚数:1~2枚程度
  • 文字方向:横書き

職務経歴書は、パソコン作成をおすすめ

職務経歴書は、履歴書と同じように、黒のボールペンや万年筆での手書きでも構いません。

しかし、職務経歴書をパソコンで美しく作成することで、パソコンスキルをアピールことも出来るので、できればパソコンで作ることをオススメします。

ちなみにパソコンで作る場合、フォーマットが崩れていたり、入力の誤字脱字があると、逆にパソコンスキルを疑われてしまうので、文字の大きさや全体のバランスにも気を配り、丁寧に作成することを心がけましょう。

職務経歴書って、何を書いたら良いの?

職務経歴書に記載する項目も、実は特に決められたものはありません。

自分の能力がアピール出来る項目を、相手に分かりやすく伝えれればOKです。

ただ、初めて作る方は「自由に」と言われても作りにくいと思いますので、良く記載される基本項目をご紹介します。

職務経歴書の基本項目

  • 氏名
  • 日付
  • 標題
  • 職務経歴
  • 自己PR
  • 志望動機
  • 学習中の内容
  • パソコンのスキル など

 

-応募書類の作成

Copyright© めざせ事務職! , 2018 All Rights Reserved.