転職前の準備

事務職の種類と仕事内容の違いを理解しよう

更新日:

事務職といっても「一般事務」「経理事務」「営業事務」など様々な種類があり、それぞれ仕事内容も異なり、求めらえるスキルも違ってきます

事務職へ転職を考える前に、それぞれの違いを理解して、「自分のやりたい事務職」「自分の能力が活かせる事務職」は何かしっかりとチェックしておきましょう。

今回は一般的な事務職の種類と主な仕事内容を紹介します。

実際には、会社によって呼び方や任される仕事の範囲も違いがありますよ。

一般事務とは

良く目にする「一般事務」という仕事ですが、お客様と社員を繋げたり、社員の仕事が円滑に進むためのサポートを行う事務職です。

そのため、幅広い仕事を任せらえることも多いです。

主な仕事内容

電話応対・来客応対・受付・資料作成・郵便物管理・データ入力 など

一般事務への転職の難易度

簿記やパソコンの知識が求めらえることもありますが、周囲のサポート役となる仕事であるため、会社によっては、専門知識よりも「周囲とのコミュニケーション能力」や「人柄」が重視される場合もあります。

事務職が未経験の方や、専門的な知識に自信が無い方もチャレンジしやすい事務職です。

一般事務のお給料

一般事務の仕事は多岐に渡りますが、事務職の中では比較的給料が安い傾向にあります。

そのため、一般事務からより専門知識が必要な経理事務へのスキルアップを望む方も多いです。

 

受付事務とは

その名の通り、会社のフロントや入口でお客様を迎え、応対する仕事です。

一般企業だけでなく、サービス業(スポーツジムなど)や病院などでも募集を見かけます。

主な仕事内容を紹介

電話応対・来客応対・受付管理 など

受付事務への転職の難易度

事務職の中でも、比較的転職のハードルが低いことが多いです。

お客様が最初に出会う、会社の顔のような存在であるため、簿記やパソコンなどの技術的スキルよりも、「接遇マナー」が重視される傾向にあります。

また、比較的若い年齢の方を望まれる企業が多いようです。

受付事務のお給料

事務職の中でも、比較的給料が安い傾向にあります。

経理事務とは

経費の支払いや計算、取引の入力、財務諸表(損益計算書や貸借対照表)の作成など、会社の数字の専門家です。

会社のお金管理を担う仕事と言えば、分かりやすいかもしれませんね。

 

主な仕事内容を紹介

仕訳の入力、財務諸表の作成、給与計算、現金管理

経理事務への転職の難易度

経理事務では、簿記の知識は必須です。

また、経験者が優遇される傾向にあるので、未経験者がいきなり経理事務に転職することは難しいかも知れません。

未経験者は、簿記の資格にチャレンジしたり、一般事務からスキルアップすることも考えましょう。

経理事務のお給料

事務職の中でも給料が高いため、経理事務を目指す方は多いです。

 

営業事務とは

営業職員のサポート全般を行うのが、営業事務です。

売上データの分析を行うことが多いので、Excelが得意な方は重宝される傾向にあります。

また、企画書の作成でPowerPointを使うことも多いので、PowerPointも習得しておくと有利でしょう。

主な仕事内容を紹介

データ分析、企画書作成支援、見積書や請求書の作成

営業事務への転職の難易度

パソコンが得意な方は、営業事務への転職で有利に働くことが多いです。

営業事務のお給料

営業事務のお給料は、会社によって幅があり、どこまで営業職の力になれるかでも差があるようです。

-転職前の準備

Copyright© めざせ事務職! , 2018 All Rights Reserved.